不動産担保ローン初心者口座【大金を借りるには】
メニュー
不動産担保ローンは安心
不動産担保ローンは借りやすい
アサックス
東京スター銀行
日宝
つばさコーポレーション
ユーコー

不動産担保ローンとはどのようなローンか解説

不動産担保ローンとは契約するときに不動産を担保にするものであり、通常のカードローンやキャッシングと比較して高額の借り入れを行え、金利も低くなります。不動産担保ローンとは返済ができなくなった場合に担保に入れた不動産を売却して返済を行うものであり、金融機関にとって貸し倒れが起きた場合の損失を回避できるため好条件で貸し付けを行える仕組みになっています。担保にした不動産の評価額によって借り入れできる上限額が変わり、評価額を鑑定するため審査には数日間かかります。不動産担保ローンとは現在ローンの残っている不動産も担保にすることができます。ただし、ローン残高が多ければそれだけ評価額も減少し、借り入れ上限が少なくなります。返済できなくなった場合、自己破産以外の債務整理しても不動産を失うことになるので注意します。また、借り入れ後に相場が下落し、不動産を売却しても借り入れ残高が残った場合、その差額は返済しなければなりません。

銀行で借りるのなら不動産担保ローンは有利です

お金が必要になってお金借りる審査の手続きをして借入したいと思ったときに、まず考えなければならないのが金利の負担です。借りればそのときには資金不足を何とかできますが、その後は返済をするとともに利子を支払っていかなければなりません。金利が高いとこの利払いの金額が大きくなり、負担になることもあるのです。もしも土地や建物などの不動産を持っているのであれば、銀行の不動産担保ローンを利用するメリットは大きいと言えるでしょう。個人で借りることのできるローンには様々なものがあり、担保の必要ないものもあります。担保が必要のないものは概して金利は高い傾向があります。不動産担保ローンは、無担保の融資と比較すると金利が低い傾向があります。それを考えれば、銀行から借りるときには担保を設定した方がよいでしょう。土地や建物、あるいは持ち家などがある場合には、資金調達の方法として銀行の不動産担保ローンを利用することも選択肢として考えておきましょう。

不動産担保ローンの金利は低めに設定されています

不動産担保ローンとは、土地や建物などの不動産を担保にして借入をするローンのことを指します。担保を設定しないローンに比べると、金利が低いという傾向があります。その理由は、金融機関側のリスクが低くなるからです。金融機関は貸付を行うときにリスクを負います。つまり、貸し付けた資金が帰ってこないというリスクがあるわけです。そして、リスクに見合った利益を求めるという特徴があります。キャッシングやカードローンといったサービスの多くは担保を設定しません。担保を設定しなかった場合、金融機関は回収できなくなるリスクが高くなりますから、それに見合った利息収入を求めます。そのために金利が高くなると考えられます。不動産担保ローンでは、もしも返済がなされなかったときには不動産を売却して回収できるのですから、リスクは低いと考えられます。そのため、不動産担保ローンは、無担保のローンよりも金利の水準は低く設定される傾向があります。



更新情報


TOP PAGE

© 2016 All right reserved :不動産担保ローン初心者口座【大金を借りるには】
浮気調査 相互リンクSeo-P-link Ver3.4 最高アクセスアップ NAME|相互リンクSEO-P-Link ver3.5 自動相互ディレクトリリンク 相互リンクのリンク集